Japanese
Other Languages
Search site:




Windows 8/7/XP, 2012/2008/2003 Server

バックアップローテーションスケジュールの選択の仕方



急激にめまぐるしく変化している世の中で、データのセキュリティに自信を持つことはとても大切なことです。定期的にバックアップすることで、理想的なセキュリティを得ることができます。しかし、バックアップのような単純作業はしばしば後回しになりがちです。人は災難に遭うまで、その重要性に気づかないからです。それでは、災難を避け損害を最小限に抑えるために何ができるでしょうか?


人が思い浮かべる第一のバックアップ戦略は、データを毎日同じメディアにバックアップすることです。しかしそのようなバックアップ戦略では安全性を保証することはできません。データが最後のバックアップより前にダメージを受けているかもしれないし、あるいは使えなくなっているかもしれないからです。というのも、フルバックアップを毎日実行するには多くの時間を割かなければならず、ハードウェアとバックアップメディアが磨耗してしまうのです。例のごとく、最も単純で簡単なソリューションが最善というわけではありません。


そのため基本的に、バックアップローテーションスケジュールを含む最善のバックアップデータ戦略は、効果的かつ効率的でなければなりません。つまりそれはデータを安全に保護し、適当な量のバックアップメディアを処理するということです。バックアップローテーションスケジュールは、定期的に実行されるフルバックアップと増分バックアップの組み合わせになるでしょう。また、1つのメディアにデータをバックアップするのは安全ではないため、多くのメディアセットが必要になります。


例えば、フルバックアップを週に1回実行し、増分あるいは差分バックアップを月曜から木曜まで一週間を通して実行することができます。


現在、2つのバックアップローテーション戦略が広く知られています。Grandfather-father-son(GFSあるいはGrandparent-parent-childと呼ばれることもあります)とTower of Hanoiです。


Grandfather-Father-son

Grandfather-father-sonはもっとも広く使われているバックアップローテーションスケジュールです。このバックアップローテーションスケジュールに従うと、増分バックアップは毎日、フルバックアップは週1回あるいは月1回実行されます。


まず、1~4メディアセットは毎日行う増分バックアップ向けです。このバックアップローテーションスケジュール内の他のバックアップセッションと比べて、普段の増分バックアップは最小限のデータをバックアップするので、これらのメディアセットは”son”とみなされます。これらのメディアセットは指定された日に毎週再利用されます。


次に、フルバックアップは毎週実行されます。普段の増分バックアップはこの日には実行されません。最初のバックアップはフルバックアップする必要があるので、この計画は金曜日、つまりフルバックアップの日に始まります。それゆえに、金曜日に使用されるメディアセットは”father”とみなされます。


さらに、月の最後の営業日に、新しいメディアセットつまり”grandfather”とみなされるものに、フルバックアップを実行します。これらのメディアセットは一年を通して特定の月に指定されます。


バックアップデータにはさまざまなサイズがあり、各メディアセットが1つあるいは複数のバックアップメディアになるはずです。年4回のバックアップローテーションをこなすために、この基本バックアップローテーションスケジュールを使用する場合には全部で12のバックアップメディアセットが必要になります。バックアップの履歴を保存したい時があるかもしれません。このような場合には、フルバックアップつきのメディアセットをローテーションから取り出し、新しいメディアセットと交替するといいでしょう。


Tower of Hanoi

Tower of Hanoiのバックアップローテーションスケジュールは、フランス人数学者であるEdouard Lucasによって1883年に開発されたあるパズルに由来します。このゲームでは、3本の棒が固定されており、そのいずれかに半径の違う8枚の円盤が載っています。小さい円盤の上に大きな円盤を載せることなく、全ての円盤を1本の棒に移動させるのが目的です。


ゲームの場合と同様に、バックアップの全工程でバックアップメディアセットを交替します。Grandfather-father-sonローテーションスケジュールに比べて、バックアップメディアセットを多く使用し、長くバックアップ履歴を保存することができます。バックアップメディアセットを使わない回数が増えると、データのバージョンは古くなります。例えば、このバックアップローテーションスケジュールでは1ヶ月に毎日バックアップを実行するとして5つのバックアップメディアセットを必要とします。


Tower of Hanoiのバックアップローテーションスケジュールの動作方法

このバックアップローテーションスケジュールでは、1番目のメディアセットが1日おきに使用され、1番目が使用されず3日おきに使用される場合に2番目のメディアセットが使われます。両方のセットが使用されず7日おきに使用される場合に、3番目のメディアセットが使われます。


ローテーションに加えられている各追加バックアップセットは、バックアップ履歴を2倍にし、前のセットが使用されなくなった時にのみ使われます。そのため、バックアップメディアセットが履歴に追加されるのが遅くなればなるほど、使用頻度が低くなるため保存されているファイルが古くなります。この機能によってバックアップ履歴を長く残すことができますが、多くの最新のバックアップコピーを保存することができなくなります。例を挙げると、毎日実行するバックアップは2日で消えてしまうからです。

バックアップ対象

マイドキュメントのバックアップ - ワンクリックで画像、ビデオ、音楽、テキストファイルを含む『マイドキュメント』のフォルダをバックアップできます。
ウェブサイトのバックアップ - 御社のウェブ業務を保護する、最も確実なソリューションです。
HDDバックアップ - ハードドライブイメージを作成し、記憶装置に保存することで、ハードドライブをバックアップすることができます。
MySQLバックアップ -MySQLデータベーステーブルを簡単に、かつ完全にバックアップすることができます。
ODBCデータベースバックアップ -ODBCと互換性があり、MySQL、Oracle、FoxPro、Interbase、MSSQL、DB2、MS Access、Postgre SQLなどを含むデータベースをバックアップできます。

バックアップの保存先

DVD-Rにバックアップ - バックアップを内蔵型のDVDバーニングツールでDVD-Rに保存できます。
CD-Rにバックアップ - ワンクリックでデータの暗号化および圧縮化を実行して、バックアップをCD-Rに保存できます。
USBにバックアップ -USBフラッシュキーのようにUSB接続が可能なデバイスにデータを保存できます。
FTPにバックアップ -さらに安全性を確保するために、遠隔のFTPサーバにバックアップを転送できます。
FTPからのバックアップ ― 遠隔のFTPサーバに保存されているデータをローカルコンピュータ、またはあらゆるリムーバブル保存メディアにバックアップすることができます。

バックアップの方法

ZIP圧縮化でバックアップ -10段階のZIP圧縮化でバックアップをして保存スペースを節約することができます。
DVDバックアップ検証 -作成したDVDのコピーから確実にデータを復元することができます。
ファイルとフォルダの同期化 -遠隔のFTPサーバを含む複数のロケーションで、ファイルとフォルダの同期化をワンクリックで実行することができます。